施工例紹介

リフォーム後のLDK、スタディカウンターとダイニングカウンター

一棟フルリノベーション|和気町 K様

思い出のわが家を活かして、スケルトンフルリノベーション

施主様が3世代で生活する大きなお家は、築40年以上で何度も増改築していて段差がたくさん、雨漏りもして古くて危険がいっぱい。

これから年も取っていくし、いつケガをするか心配。

だけど思い出が詰まった愛着のある我が家を大事にしたい・・・

そんな思いから新築ではなく、壁や天井を落として梁や柱・基礎は残して活用する、〈スケルトン〉状態にしてのフルリノベーションを選ばれました。

昔ながらの田の字の和室は一間続きの大空間LDKに。

急な階段は〈掛け替え〉だけでなく段差を低くして、安全に生活できるように。

古い水廻りは一新して、家族みんなが快適に使えるようになりました。

生まれ育った場所で、同じ玄関の向きで、同じお庭で・・・昔から変わらない安心感のある風景の中に、大切な我が家が新築のように生まれ変わりました。

  • AFTER
    リフォーム後の階段。LDKの写真

     

    階段は掛け替えて角度を緩やかにし、更には一段一段の高さを普通より低くしました。

    段の高さの調整はパナソニックでオーダーメイドにすることで実現。

    大人から子供まで安全に上り下りできるようにしました。

     

    LDKの南側

    リフォーム後のLDK、リビングと和室コーナー

     

    階段を下りるとリビングスペース。

    良く陽の当たる気持ちのいい場所を家族のくつろぎスペースにしました。

     

    BEFORE
    リフォーム前の和室

    階段になった場所は元は和室でした。

     

    以前の階段

    リフォーム前の階段。ストレートの急階段

    ご兄弟みんな落ちたことがあるほどの、ストレートで急角度の階段。

    手すりもないし、大人でも上り下りが怖い階段でした。

  • AFTER
    リフォーム後のLDKの 和室コーナー
    LDKの一角に和室コーナーを設けました。
    オープンでリビングからすぐにアクセスできる場所にある畳は、家族それぞれのくつろぐスタイルを豊かにしてくれます。

    床の間とお仏壇スペースもあるお部屋となっているため、あえてLDKとの境になるように垂れ壁を設け、畳の厚み分高さを出して、少し格式の高い空間となるように演出しました。

    お仏壇は床の間の横に。
    扉を〈軸回し扉〉にして、普段開けておく時には扉を中に収納して邪魔にならないように工夫しました。
    BEFORE
    リフォーム前の和室。床の間とお仏壇。
    昔ながらの広縁のある和室。
    床の間の横のお仏壇は、拝むときだけ扉を開けていました。
    開けた扉が室内にせり出しています。
    広い空いたスペースである広縁は、物置に利用されていました。
  • AFTER
    リフォーム後の寝室。畳の小上がり。
    もともと畳の部屋でお布団という生活をされていた施主様。
    リフォームしたら洋室での憧れのベッド生活をお考えでした。
    でも家族で川の字で寝たい。そうするとお布団の方がいいよね…ともお悩みでした。
    そこで洋室内に一段高くなった畳コーナーの〈小上がり〉を設けて、〈畳ベッド〉のように使っていただくというアイディアでまとまりました。
    BEFORE
    リフォーム前の倉庫
    キッチンの横には屋内からも出入りできる土間の倉庫がありました。
    余った空間がもったいない広い倉庫は、半屋外の空間に基礎を作り寝室に生まれ変わりました。
ページトップへ戻る